クワズイモデザインルーム







ぼくらの家ができてから

夫婦対談「クワズイモのくらし」


(c)クワズイモデザインルーム 2007
All rights reserved.
コンテンツ上に掲載されている文章及び画像、写真等の著作権は全てクワズイモデザインルームに帰属するものです。 無断で複製他の媒体への転載は法律で禁じられています。

私は、2006年8月1日、第一子を妊娠9週で繋留流産、2007年8月13日、第二子を子宮内胎児死亡のため妊娠34週で死産しました。泣き声をあげることのなかった子どもに、もう一度会う旅を続けています。

2009年06月04日

公開すべきか悩んだが、生まれるまでじっと10カ月もんもんとしているのもなんだか自分らしくない気がして、できるだけきちんと書こうと思い立った。

家の近くの大学病院に移り、妊娠前から様々な検査を経て妊娠し、7カ月目を迎えている。19週目で子宮頚管縫縮術(シロッカー)を受け2週間入院した。術前術後通して自宅で安静にしている。仕事も3カ月目頃には9割を店じまいしている。初期出血を除けば憂いもなく、毎日元気な胎動を感じている。

予定日は二度目の妊娠のそれと一日しか変わらない。もちろん意図したわけもなく、めぐりめぐってそうなってしまった。だから、妊娠生活は文字通りデジャヴのようだ。しかし、なぜか時間が経つのが早く感じるのは意外だった。多分、予定日が近づいているというよりも、エックスデーが近づいているような恐怖と共に生きているからだろう。

これではいかん。 狂ってしまうではないか。

お腹の中にいる新しい命には、100年は生きてもらうつもりだ。私のお腹にはなにか決定的に住み心地の悪いところがあるのかもしれない。でも、それはどうにかガマンしてもらいたいと思っている。

明日のことは考えられない。 今、ちろちろドンドンと動いている命の、「今日」を、いや、「今」を愛しく思う。それでいいのだ。

コメント

元気な赤ちゃんを出産されることを、心からお祈りしていますね。

Posted by かっき~ at 2009-06-05 15時00分16秒

ごぶさたしています。CHA3でお世話になったN田です。その後、いかがおすごしかと、なぜか時々夏子さんのことを思いだします。自分でも不思議なんですが・・・。
赤ちゃん、ママのおなかの中であたたかい時間を過ごしているんですね。
こんなことを申し上げて、気にさわったらごめんなさい・・・私、そのおなかの赤ちゃんは小夏ちゃんだと思っています。
ちゃんと理由があります。私、CHA3の編集をしている時に、おなかの赤ちゃんを亡くしたお母さんに関する、不思議な話を何度も聞きました。次の子が生まれて話ができるようになったとき、「まえにお空からみていて、お母さんのおなかがいいな、っておりてきたことがあるんだよ。でも、帰らなくちゃいけなくて一度おそらにかえったの。それからまたお母さんのおなかに戻ってきたんだよ」というような話をする子がいる(←しかもたくさん!)ということでした。その話に興味をもち、いろいろと調べたという方にインタビューしたことがあるのですが(雑談で出た話なので記事にはしていません)、共通しているのは「赤ちゃん自身がお母さんを選んでおりてきている」「最初からながくいれないとわかっている(それでもそのお母さんを選んでおりてくる)」「おかあさんのおなかの中が気持ちよくて楽しかったからまたおりてきた」ということです。その後、日本だけでなく世界中でそういう話があるということを知りました。
おこがましいとは思いましたが、私自身はこの話にすくわれたので、思い切ってメールしてみました。

お気にさわったら、本当に申し訳ありません。

Posted by riko at 2009-06-05 15時53分48秒

ご無沙汰しております。ゆきちです。
ご懐妊おめでとうございます(^^)
自分のことのように嬉しくてコメントせずにいられませんでした。

実は、私も二人目を授かり、現在産休に入ったところです。
予定日は最初の娘より2週間早い8月半ばになりそうです。
娘を出産して1年目の日をを穏やかに迎えられるように、私たちを助けに来てくれたのではないかなって思っています。

いろいろと不安なこと、ブログに書くことはよくないのかななんて思うこともありますが、この命を信じて、ゴールを目指していきましょうね!

Posted by ゆきち at 2009-06-05 16時24分01秒

以前コメントさせていただいたizuです。
更新をお休みされているのはわかっていましたが、気になってたまに見に来ていたので、驚くとともに心から嬉しく思います。

おめでとうございます!

嬉しい気持ちとともに押し寄せる不安な気持ちは巨大で、飲み込まれそうになってしまうことと思います。その不安は、私や川上さんのような経験をした人間なら当然のこと。それを無くすことはできないけれど、小夏ちゃんの妹か弟が元気に産声を上げた時、きっと克服できると信じています。もちろん、小夏ちゃんのことを克服するという意味ではなく、小夏ちゃんはいつまでも、一生大切な存在ですよ!うまく言葉にできずもどかしいのですが。

私も、昨日検査薬で陽性が出ました。
そのタイミングでこの嬉しいニュースを目にすることができ、嬉しいとともに非常に心強く思います。

不安な気持ちは同じ経験をしていないとなかなか想像がつかないと思うけれど、きちんと労わってくれる人はたくさんいるはずだから、どうか周りに甘えて、とことんご自分を甘やかしてお過ごしくださいね。

Posted by izu at 2009-06-05 23時47分36秒

cha3のk本です。
ご懐妊、本当におめでとうございます。
川上ちゃん夫妻のブログでの往復書簡、
いつも、いつも、本当に楽しみにしています。
ご夫婦の日々が、それを綴る文章や写真が
私の毎日の励みになっています。
昨日、N田ちゃんと会いました。
N田ちゃんのコメントに、私自身、救われた気がしています。
私も、子どもって、本当に『天の使い』だと、感じ、確信しています。
今は本当に、ゆったり、ゆったりと御過ごしください。

Posted by K本 at 2009-06-06 10時32分11秒

おめでとうー。嬉しく思います。うちの子の場合ですけど「お腹の中は暗くて寂しかった。だから早く外に出たかった」らしいので、もっともっと話しかけてあげとけばよかったな〜なんて今思ったりします。Xデーが近づいてくるという感覚、わかります。私もそうでした。今度こそ…お願い…!って気持ちでした。1度目の子が今の息子なのかどうかはわかりませんが、私ももう一度妊娠、出産したいと思っています。

Posted by こうたろう母 at 2009-06-08 10時55分33秒

かっき〜さん、ありがとうございます。いろんな人にお祈りしてもらって、しあわせもんです。

N田さん、楽しい話をありがとうございます。全然気に障ったりしないですよ。楽しいなあと、思います。私もこれから人生を通していろんな奇跡を見たいと思います。

ゆきちさん、こんにちは。たまにブログを拝見していたので、ご懐妊存じておりました。どうにかこうにか乗り越えていきましょう!

izuさん、こんにちは。私のブログをチェックしてくれてありがとうございます。izuさんのブログも拝見しています。共感することの多い気がします。どうかどうかどうか、そう願うのみです。

K本さん、いつも励ましのお言葉をありがとうございます。仕事をご一緒させていただいているときから、心配そうにのぞき込んでくださっていた仕草を懐かしく感じます。会社の方には長い間ご無沙汰しております。いつか楽しく遊びに行けるといいなあ…。

Posted by kawakami at 2009-06-08 10時58分48秒

そうだったのかあ、3度目の正直ですね。
そんな時の女性の気持とゆうのは分からないのですが、山を支える木のように自然に過ごせたらいいですね。
家族写真撮影サービス券用意して待ってます。

Posted by 高巣秀幸 at 2009-06-08 16時28分41秒

こっちにも

似て非なるものであることを、ひとつひとつ再確認するのもたのしいと思います

小夏がおねえちゃんになるのを心待ちにしていたので、オラもとてもうれしいです

いろんなものを楽しむ能力に長けてるアナタだから心配ないと思うけど、雨の季節も、暑い盛りも、心行くまで楽しんで、ゆっくり気分で過ごしてね

Posted by mame at 2009-06-08 22時08分19秒

気になってちょくちょくおとずれていた日記のほうの文章で、新たな命のこと知りました。そしてこちらへ駆けつけました。
Xデーが近い、ということば、経験した者にとってとてもよくわかります。安易な言葉はなんの意味もないだろうから、なんと書いたらいいのか迷い、でもやはり言葉を残していこうと思いキーをたたいています。
早朝、だんなの弁当を準備しようと思ってその前にひらいたパソコンの前で、いま祈るような気持ちです。
「雲からも風からも透明なエネルギーがそのこどもにそそぎくだれ・・・」宮沢賢治・稲作挿話より

Posted by maha at 2009-06-09 06時47分09秒

半月ぶりにブログを拝見しました。
妊娠されていることを知り、こちらに来ました。
なかなか胸のうちをどう表現したらいいのか言葉が見つかりません。
おめでとう。あと2ヶ月ですね。元気な声が聞こえますようとに祈ってます。
私もあと一人と思っているのですが、なかなか私のところに降りて来てくれる赤ちゃんはいないようです・・・。

Posted by 青子 at 2009-06-11 01時17分35秒

おおお!!!
そうですか!!!
どうか無事に産まれてほしいと私も祈ります。
小夏ちゃんのことは、折に触れてしょっちゅうしょっちゅう思い出しています。
予定日が一日違いだなんて、なにか小夏ちゃんからのメッセージのようなものを感じますね。
お仕事は、9割がたと言わず、20割がたくらい休んでください!!
オットをこき使って(きっと喜んでこき使われてるのでは…)、わがままにお過ごしください!!
あ〜、待ち遠しいですね〜!!
元気に出て来てくれますように!!

Posted by すぎちゃん at 2009-06-11 02時02分57秒

こうたろう母さん、コメントありがとう。切ないですね。

高巣さん、コメントありがとう。私をかわいく撮るのは難しくてよ…。

mameさん、コメントありがとう。いつも気に掛けてくれてありがとう。君に喜んでもらえる日が来るといいなあ…。

mahaさん、コメントありがとうございます。朝のきれいな時間に、祈ってくださった清潔な風のようなものが感じられました。安易な言葉は、意外と届きます。どんな言葉も、届けてくださる人の気持ちが乗っかっているからだと思います。

青子、コメントありがとう。久しく会ってないね。元気にしていますか?今度は予告してから遊びに来てよね!顔見たいじゃんよぅ…。

すぎちゃんさん、コメントありがとうございます。仕事は、ひとつだけやってます。のんびりしたぜいたくな仕事です。夫もせっせと働きます。宇宙一の夫です。

Posted by kawakami at 2009-06-12 15時36分27秒

思いは念となって届くそうです。
それを知って以来、救急車を見たり、サイレンの音を聞くたびに、念を送っています。
どうか無事で、助かりますようにと。

だから、念を送ります。
母子ともに無事でありますように。

Posted by ちえ at 2009-06-16 21時52分42秒

ちえさん、こんにちは。
小夏に届かなかった思いを、もう一度勇気ふりしぼってお腹に届けてたいと思います。いや、ちがうな。小夏にも何か、届いたんだろうな。私がキャッチできないだけで。

あなたの念に感謝します。本当にありがとうございます。

Posted by kawakami at 2009-06-18 11時10分59秒
一言どうぞ